admin on 3月 9th, 2012

雑誌やインターネットの広告で大々的にアピールしているのは大手エステサロンの痩身コースです。派手な広告で「1回でサイズダウン!」などと、そそられる文句がつづられています。

多くの大手エステサロンに在籍しているエステティシャンはハンドマッサージではなく、痩身マシンを駆使して、ボディマッサージを行います。

多くの場合、最初に体全体を芯から温めるようにサウナに入るか、遠赤外線で非常に暖かいベッドに専用のシートにくるみ、発汗させます。いうなればここで余計な体の水分を出させていくわけです。大手エステサロンの中にはサウナに入っている間、自分でマッサージをし、むくみを解消するように指示するところもあります。

大手エステサロンが最近、痩身コースの中に多く導入しているのは、体を横たえたまま、体の気になる部分の筋肉を動かすマシンを使うことです。筋肉が働くことで脂肪も燃焼させる、と説明されます。単に筋肉を動かせて運動したのと同じ効果を出すマシンだけではなく、鍛えにくいインナーマッスル(大腰筋)を鍛えるものもあります。

問題点があるとすれば、自分で施術に使うスリミングジェルの購入やプロテイン ホエイなどのサプリメントの購入をすすめられたり、半ば脅迫的に入会を迫ることです。1回の施術でサイズダウンするのは、痩身マシンの効果もありますが、この入会を迫るときの迫力かもしれません。

効果がないわけではありませんし、実際に体重も落ちますし、サイズダウンできます。1回の施術でボディサイズがかなり変わることも多いものです。

しかしながら「もっとやせなければいけない」「やせていなかったら未来はない」など脅すような言葉を使うエステティシャンも多く、一部のそういう接客態度のエステティシャンがいることで、イメージが悪くなっていることも確かです。お金でやせるという感覚に対して抵抗感があるなら、おすすめすることはできません。